挑戦心と人を思いやる気持ちで
社会貢献を。

三宅 うさぎ

USAGI MIYAKE

SCROLL

3月

自己分析、就活の軸を決める

私の就活の軸は、「人」「挑戦」「成長」でした。困っている人を助けたり、悩んでいる人を元気づけたり、人を笑わせることが得意だったからです。そして、人の役に立つために自分が成長できる、挑戦の機会が多い企業を軸としていました。なぜなら、挑戦や失敗から学んだことが自分の糧となり、成長に繋がるからです。私はこの軸で就活を進めていました。

3月上旬

アーラリンクに出会う

アーラリンクとの出会いは、スカウトメールでした。メールに書かれていた、『社内では日々様々なプロジェクトが立ち上がっており、手を挙げるも挙げないも自由。 仕事は自分で掴みに行くのがアーラリンクスタイルです。 時には身の丈以上の仕事にも挑戦し、失敗も繰り返しながら、圧倒的成長を遂げることができるのです。』この言葉が私の就職活動の軸とマッチしていると感じ、選考への参加を決意しました。

4月

アーラリンクの選考

インターンシップ前課題として「自分史」を作成する機会がありました。これは自分の過去を一から振り返るため自己分析に役立ちました。今度はインターンシップで自分の「未来」について考えていきます。 アーラリンクは、「どうなりたい(To Be)」を大切にしており、私たち個人の未来や将来を一緒に考えてくれます。面接でも、私個人を見てくれていると感じることが多く、本当に人を大切にしている会社だと思いました。

4月

一人のお客様との出会い

二次選考の当日、早く会場に着いたため入り口にいた一人のお客様とお話をしていました。その方は、新型コロナウィルスの影響もあり仕事が手につかず収入に困っていて、キャリア携帯は支払いが高いと悩んでいらっしゃいました。「いやぁ俺ここにはいつもお世話になっててさ、このサービスいいと思うよ。携帯なきゃやってられないもん。ほんと助かってるよ。」と仰っていました。アーラリンクの取り組みがこうして確実に人の役に立っていることを実感し、今後も必ず多くの人の助けとなり日本社会を変えていく未来が見えました。この体験も入社の決め手の一つになりました。

現在

就職活動を振り返って、そして就活生の皆さんへメッセージ!

就活は他人のことは気にせず自分のペースで行ってください。就職は結婚と似ていると思っています。これからの人生の長い時間を共にする相手を決めるのですから、時間をかけて選ばなくてはなりません。妥協することなく、自分が納得できる相手(企業)が見つかるまで就活は続けてください。そして、惚れた相手に自分の強みを最大限アピールして、婚約(内定)に漕ぎつけましょう!その婚約者がアーラリンクであれば幸いです!就活は大変だと思いますが、心から応援しています。皆さん同様、私もこれから一歩ずつ進んでいきたいと思います!

Q&A

Q1 アーラリンクにした決め手

理由は2つあります。「日本の課題解決を目的とした事業を展開している点」と、「若手でも挑戦できる機会がある点」に魅力を感じたからです。私は誰かの役に立ち、困っている人を助けるような仕事をしたいと思っていました。そのため、社会課題解決の糸口として、携帯レンタル事業を展開している点に惹かれました。また、私の就職活動の軸は、「挑戦」と「成長」でした。アーラリンクはこれからも日本の課題解決のために多くのプロジェクトが立ちあがっていくため、挑戦の機会が多く自分が成長し続けられる環境だと感じ入社を決意しました。

Q2 今までの「熱狂」体験

私の一番の熱狂体験は友達作りです。バンドにハマっていた高校時代、毎週ライブハウスに足を運んでいました。しかし、一人でライブを楽しむことに物足りなさを感じ、元々人見知りでしたが、仲間を増やすために積極的に行動しました。おかげで人見知りを克服し、大切な友達も増え、自分の人生がより明るく楽しいものになりました。私はこの経験から、思い切って行動することの大切さと同じ気持ちを持つ仲間といると自分にいい影響を与えることを学びました。これからも何事にも挑戦することと人を大切にすることを心がけます!

Q3 選考で印象的だったこと

選考で印象的だったことは、リクルーター面談が何度もあることです。インターンシップや面接などの各選考の前に、選考に関することや自分の思いなどを確認して次の選考に挑みます。就職活動の不安や悩みを聞いてくださったり、自己分析をお手伝いしてもらうこともありました。他にもアーラリンクのこと、自分のこと、どんな疑問も心配事もここで解消してくださり、「三宅さんの魅力を思う存分アピールしてきてください!心から応援してます。」と励ましていただいたので、選考では不安なく胸を張って自分の思いを伝えることができました。

Q4 これからの決意

私は、「一緒に遠くへ行ってくれる一番近くにいる女神」になることを目指します!これには「仲間たちと一緒にどんな困難や目標にも挑戦し、辛い時や立ち止まったときはそばに寄り添い女神のような温かい心で支える」という意味が込められています。このキャッチフレーズはアーラリンクのインターンで私のTo Be(どんな人になりたいか)を言語化したものです。この言葉を意識して行動し、持ち前の挑戦心と人を思いやる気持ちを大切にし、自分と関わる全ての人から必要とされる人間になれるように精進してまいります!